スミレの日記

日々の生活、喜びと悲しみ、特別な出会い、ちょっとした考えや思いつきをブログに書き残してみます。

エピソード記憶

最近、『エピソード記憶』という言葉を知った。

 

なにかしら「忘れてた!」っていうのは、エピソードのあんまりくっついていないものが多いように思う。

例えば、約束に至る経緯がほとんどない約束とか、人となりを知らない人との約束とか、エピソードのない場所での約束とか。

以前、とても大事なのに忘れてしまった約束は、今思えば上記3コンボだった。

逆に、エピソードがいっぱいくっついているものはなかなか忘れないし、結構細部まで覚えている。

 

エピソードがくっついているか否か、くっついているエピソードが多いか少ないか。

この違いで、「物覚えが良い面」と「物忘れが激しい面」が入れ代わり立ち代わり出現する。

 

話は変わるけど、ファイリングについて昔から感じていたことがある。

まずはファイルの背表紙に書かれたファイル名について、その時使ったペンとか、気分で微妙に変わる筆跡とか、あの人の筆跡、この人の筆跡とか。

それから、ファイル本体について、その時手元にあったからとかたまたま空いていたからとかで使った、色々なファイルの色・形とか。

新品じゃないファイルなら、その前に綴じていた書類の記憶とか。

そういうのを込みで、ファイルを収納した場所、そのファイルに収納されている書類、その書類をそのファイルに綴じた時期や順番を記憶していた(と思われる)から、きれいにファイリングしましょう、っていう世の中の流れで、色・厚さ・ブランドを統一したファイルに同一フォントのテプラを貼った背表紙が並ぶようになって、書類を探せなくなってしまった。

それまでは書類を取り出すのに時間もストレスも感じなかったのに、書類探しに時間も手間も取られるようになって、思考が切れて、結果効率が落ちるという…。

 

f:id:waioleka:20181015131847p:plain

 

イメージを描くとこんな感じ。

左がファイリングシステム導入前、右が導入後。

導入前は、ファイルの背表紙に目をやる最初のアクションで、すでに書類が分類されていた。

「あの書類は、〇〇さんが新品のぺんてるのサインペンで書いたタイトルが背表紙の上寄りに書かれている、〇色のコクヨの紙ファイルの真ん中あたりにあったな(いちいち文字で考えないよ、その背表紙のイメージがポンって浮かぶだけだよ)」って記憶から、そのファイルを探す感じ。

導入後は、ファイルの体裁が同じだから、ひとつのファイルとしてしか認識できなくて、書類はそのひとつのファイルから探し出す感じ。

 

こう書くとエピソード記憶関係ある?って感じがしなくもないけど、大いに関係ある話なんだよなー、私にとっては。

っていうか、エピソード記憶って言葉を知ったよ!ってことを書き留めるだけのつもりだったのに、なんでファイリングのことを、しかも絵まで描いてボリューム多めに書いてるんだろ。

仕事がやりにくくなってしまったこのファイリングの事象について、一度その理由を考えてみたいなあと思っていたのだけど、今がそのタイミングだったらしい。

 

最近は、「エピソードを排除する」のが合理的って空気を感じるけど、その風潮にはたぶん一生馴染めないな。